2007年9月25日アダルトサイト新着情報

本日のアダルト検索一発サーチ登録状況
16件申し込み中1件が本登録となりました。
本日の一押しはありません。



★えろ性やつら★だっちゃ♪ (2007/9/25) [パーソナル追加]
当ブログで紹介してる動画はすべて無料です!今すぐ無料で抜ける無料アダルト動画を厳選して無料で紹介

[管理人]
よくあるブログでの動画のストリーミング紹介。特に限られたフェチ的内容ではなく、ノーマルAVっぽいのが多い。その点からも正直「よくある」といった感じ。



よくあるブログが一件あったっきりでした。
「よくある」ということは何の特徴もないということで、まるっきり前回の更新で書いたこととかぶってしまいます(笑)

こういったことがよくあるから「よくある」と書かれてしまうんですよねw
当たり前ですけど。

せっかく世の中には色々なフェチを持つ人がいるのですから、利用しましょうよ。
もう何度も何度も同じこと書いてますけどねw


今回はそんなフェチのお話。
フェチを大まかに分けると二つに分けられます。
物体そのものに対するフェチとシチュエーションに対するフェチと。
(もちろん二つ組み合わせた場合もありますけどね。)

物体そのものというのはそれこそおっぱいフェチやお尻フェチや脚フェチなど。
パンティとかもそうですね。

逆にシチュエーションフェチは、羞恥・恥辱フェチや屈辱フェチ、SMもこちらになるでしょう。
美女の鼻くそフェチは物体フェチっぽいですが、多くは「人前で鼻をほじって鼻くそを出す」という行為に対する恥辱フェチに当たるでしょう。
オナラやゲロ、オシッコやウンチといったスカ系も、やや物体フェチに足をかけ気味のシチュエーションフェチ。


あくまで大まかにですよ。
で、男性の場合は両方好きだったりするんですが、女性の場合のほとんどが「シチュエーションフェチ」なんですよね。

チンコ見てハァハァというより、チンコを見せられる状況の方にハァハァ。

稀にチンコ見てハァハァする私の相方のような人もいますがw
(以前も書きましたが、相方はチンコそのものより、チンコによって盛り上がるパンツや服、モジモジ君のような全身タイツとかの「モッコリフェチ」ですけど。あとパンツの隙間から見える「ハミチンフェチ」でもあります。)


男性脳と女性脳の違いなんでしょうね。
男性はチンコを見せたり見られたりも好きだけど、女性の裸を見るのも好きだし、裸を見たり見せたりのシチュエーションも好き。

女性は裸を見せつけられたり、見られたりする、そのシチュエーション自体に興奮。

そうして結局、
「ほらほら!脚を開け!むふぅー」(見て興奮。シチュエーションにも興奮)
「い、いやぁー!!」(無理やり脚を開かされ・・というシチュエーションに興奮)
と、見て興奮と見られて興奮が凸と凹のようにカチンとハマり、世の中うまい具合に性行為が行われるわけでして。


いやいや、こんなところに着地して終わりじゃないんです(笑)
その女性のシチュエーションフェチのことなんですが、非常に恥辱・屈辱フェチが多い。
もちろん違う場合もありますよ?あくまで統計的な話。

「本当にされるのは絶対嫌だけど、なんとなくレイプ願望はあるw」とか、
「縛られた彼の目の前で大勢の男たちに輪姦される想像に興奮」とか、
「普段むかつく上司とかに無理やりお尻を叩かれ、腹が立つのに「ごめんなさい」と言うまで叩かれ続ける」とか。

もう最後のは屈辱というか完全に屈服フェチ。
普段気が強い女性は、こんな願望を秘めている場合が多いです。

「全くその気がないのに濡らされてしまい、無理やりイカされてしまう」というのも屈服フェチの一つでしょう。
痴漢にあうのは嫌だけど、痴漢に無理やりイカされる想像はオナネタの一つという女性も多い。
私の相方もそう。

でも実際そんなことありえるのかねぇと相方に訊いてみました。
大体知らない人に触られて、イクどころか濡れるのか?と。
相方曰く「私の場合は濡れると思う。腹立つほど体のあちこちに感じるポイントがある」そうな(笑)

クリ、穴はもちろん、お尻、お尻の穴、太ももの内側、首筋、背中、乳首、下乳、耳の裏、手のひら、指の先、唇、舌、そしてその時のシチュエーション自体も感じるポイント。
「全身じゃん(笑)」
「だからしょっちゅうティッシュで拭いてるでしょw」とのこと。
女の人って一体・・(笑)

イク、イカないは「あとは頭の中で世間体との戦いになるだろうね」と笑ってました。
周りに人がいる状況は興奮するけど、実際に周りの人が注目したら無理。
まあそりゃそうでしょうねw
だから実際と想像は別だということ。


ちなみにこれって男の場合は実際は難しい。
痴女にあった男友達の話だと、するすると伸びてきた女性の手にまさぐられ、勃起してしまったそうなんですが、ふと女性を確認したらパンチパーマっぽいおばさんで、しかもなにかをずっとぶつぶつ言っていたそうで、どうしても萎えてしまったそうです(笑)


あーまたなんか変なところに着地してしまったw
だから男性はいくら相手が屈服フェチでも、マジで屈服させるわけじゃなく、あくまで演出の一つとして、いかにそのシチュエーションを演出できるか?が大切です。
その辺を勘違いしないように気をつけましょう。

| コメント(6)

コメント(6)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 491155b78aaf5faea6a58ce8ec9e87c0
私の場合、屈服させられフェチですかね~
羞恥系にはあまり針がふれないんです。
どちらかと言うと執着&ストーカーされフェチかも(^^;
しつこくされるのが死ぬほど嫌いなのに、不思議ですよね。
愛人募集の応募相手の方には幼児プレイ&レイプ願望って
説明していました♪<スパ趣味

物体に対するフェチですが、確かに「棒と毛」自体には萌えないんですが
男性の手や指には反応しますねぇ。
それとなぜかオモチャの「棒」には結構萌えます♪

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 491155b78aaf5faea6a58ce8ec9e87c0
あ、私の周り限定ですが「ハゲフェチ」や「胸毛フェチ」の女性たちがいます。
毛のない頭にムラムラするとか、毛のある胸板にゾクゾクするそうです。
これはフェロモン系になるんでしょうかねぇ。

TITLE:
SECRET: 0
PASS: f2165f41ffa2413d6ef3b9fb83f30410
嫌いな相手に「ありがとうございます」フェチでございます。
嫌いな相手に「もっとお願いします」フェチでもあります。
はい、すみません。(^_^;)

あと、物質じゃないけど「声フェチ」です。
「見下ろされてる視線フェチ」なんてのもあるかも。

あ、私も手や指にはドキドキします。
あとね、腕も好きかなぁ。
肩から二の腕、肘の辺りの筋肉の盛り上がりとかじゅるっときます。夏に男の人がノースリーブのシャツとか着てるの、反則です。(*/∇\*)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>熟桃さん
シチュエーション系8割ってところですかね?
手や指が好きっていう人もそういや結構いますよね。
私は女性っぽい手なので、ゴツゴツした手が羨ましい。
胸毛も全くありません。

海外では胸毛のカツラがあるそうで(笑)


>葉月さん
葉月さんはモロ屈辱系フェチじゃないですか。
ブログ書いてて、途中から葉月さんしか思いつかなくなって変な着地しちゃったんですよ(笑)

肩の筋肉モリモリさんは、私の友人に多いです。
親友のほとんどが現場の方で・・w

腕相撲とかすると、両手+相方のHELPがあっても体ごとコロンコロン転がされます。
葉月さんなんて片手で担がれて持ってかれちゃいますよ~。

そして汗臭い極太のあれを鼻つまんで無理やり口に入れられ・・
「噛むんでねえどぉ~ぐふふ」
「ふぐぐぅぅぅ」

それを横で蔵人さんが「ふふふ」と(笑)

TITLE:
SECRET: 0
PASS: f2165f41ffa2413d6ef3b9fb83f30410
私を思い浮かべて着地って…、まさか「何かをぶつぶつ言ってるパンチパーマのおばさん」のことじゃないですよね?(^_^;)

ひとつね、悩みってほどじゃないんですけど困ったことがあるんですよ。

一発さんご指摘のように(自分でも言ってますが)葉月は「嫌な相手に屈服させられる」のが萌えポイントなんですけどね。蔵人さんに遊んでもらっても蔵人さんのことが大好きなので「ケ、ケダモノッ!」ってモードにならないんですよ。「わーい♪」な気分になっちゃって。(^_^;)当たり前なんですけどね。

どこかにケダモノいないかなぁ?

TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
そうそう。そのパンチパーマのおばさん・・
って違いますよっ!(笑)

ケダモノ!までいかなくても、きちんと「嫌なやつ」やってくれてるじゃありませんかw

それに・・例のクンニ会で葉月さん自体がケダモノになれますよ(わはは)

コメントする


月別 アーカイブ

ウェブページ

  • ippatu
Newhalfclub.com
アクセスランキング

このブログ記事について

このページは、一発サーチが2007年9月25日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2007年9月21日アダルトサイト新着情報」です。

次のブログ記事は「2007年9月28日アダルトサイト新着情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30